S.Yairi ヤイリ アコースティックギター フォークタイプ YF-05/MH マホガニー

アコースティックギター

S.Yairi ヤイリ アコースティックギター フォークタイプ YF-05/MH マホガニー

S.Yairi ヤイリ アコースティックギター フォークタイプ YF-05/MH マホガニー説明

この商品について以下に適合します: . モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認:S.Yairiにハイコストパフォーマンスモデルが追加!ピックガードが別体になっており、お好みに合わせて簡単に貼り付けが可能Wilkinsonペグを採用し、安定したチューニングを実現フォークシェイプカラー:マホガニー

S.Yairi ヤイリ アコースティックギター フォークタイプ YF-05/MH マホガニー口コミ評価

YF-05の感触Amazonではなく別のところで購入(2018年9月)しました。届いて第一印象。指板のサイドがなめらかで、フレットのひっかかりがありません。丁寧に仕上げられていることがわかります。弾いてみて。マホガニーの明るい鳴り。指弾きに似合います。1弦のツーンと長いサスティン、サウンドホールで響きます。疑似ドロップ(1-5弦・2カポ)で、6弦のドーンも良好。弦の音の分離がよいので、ジャカもOK(ローズウッドはバーンと鳴りすぎる場合があり)。部材表板はスプルース単板(普通一般的ですが)でよく鳴ります。横裏は塗装の厚みはないです。ナット、サドルが牛骨なので、明瞭な音。指板はウオルナットで、指板は黒くはないです。ウォルナット使うのはコストでしょうか。ピックガードが最初から貼り付けてないです。ピックガードなしのヘリンボーン、それが魅力に思う点でもあります。弦高そのままで、高い鳴りになるようにセッティングされてると思います。ジャカする方にはそのままでよいと思います。一方、左手の細かな運指する上では少し高めなので、調整に出すことも考えています。弦高は、ギタービギナーの方に楽器店でもあまり説明がないので、弦を押さえるのが硬いということがあります。ネットをサーチすれば「調整して使うもの」ということはわかると思います。なお、弦のテンションや季節によってネックは反ることがあるので、その場合には同梱のレンチで調整が必要です。わたしは、何本もギターが通過しましたが、最終、今もってるのは、S.YairiのYD-108(4回調整)、YDT-18(一回調整、アンセムPU装着)です。これ以上ギター持つことはないだろうと思っていましたが、再びフォークタイプもほしくなり入手しました。20万クラスのギターも何本か通過していきました。この仕上がりと鳴りで2万クラスというのは、とてもお値打ちだと思います

中学2年生の娘がギターが欲しいというので、買ってあげました。中古を扱っている楽器店を回っても少しいいと思うと3万円を下りません。このYF-05に決めたのは、値段とトップ板が単板ということと、ペグ(糸巻)のメーカーが明確でしたので決めました。このクラスのギターのペグはどこのメーカーかわからない物が着いているのがほとんどの中、S.Yairiの05からはウィルキンソンやグローバーとメーカー品が着いているのです。実際チューニングがすぐ狂うペグが着いているギターが多いからです。私はHoney Bee F-15という1万円のギターを練習用として持っていますが、チューニングが安定しない、メーカーもわからない軸がガタガタのペグだったためペグを換え、音質を改善するためにプラスチックのナットとサドルを牛骨に、同じくプラスチックのブリッジピンをエボニー(黒檀)へと交換出来るものはすべて交換しました。結局F-15がもう一つ買える程費やしました。今、練習用のHoney Bee F-15に着いているペグはGotohのSG381です。このペグだけでF-15の半分の額です。まさに安物買いの銭失いです。S.Yairi YF-05に話しを戻しますが、ギターのサイズ的にもドレッドノート型より小振りで薄いので抱えやすく、形状的にも女の子にも似合います。国内メーカーにはこの価格帯でそれらを満たすギターは他にありませんでした。鳴り(音量・響き)は確かにドレッドノート型より劣りますが、私も弾いてみましたが、ギターを続けるかどうかわからない子へ買い与える入門器としては必要にして十分な能力を兼ね備えています。娘がギターを弾けるようになり、私の1万円のギターの方が良い音だと判る程になったら、ブリッジピンやサドル・ナットを換えてあげるつもりです。

ほかで購入しました。滅多にレビューは書かないのですが、購入を考えている人の参考になればと思い書き込みさせていただきます。このギター、とりあえずトップ単板・サイド・バックはマホガニーでスペック的にはまぁまぁです。確かにギターの音はするし外観の仕上げもそこそこ良いです。しかし指板を横から見るとS字状にうねっていて、特定のフレットで弦がビビる。自分の場合は2弦の3フレット・・・ロッド調整では改善しないので、フレットの擦り合わせ等で改善しないといけない。特に弦高の低い方が良い人にはおすすめできません。基本的にネックは厚みがあって太い部類なのに弱い・・・弦を外すとかなり逆ぞりした状態になります、ある程度は理解できますがこのギターは今まで所有したギターの中では一番ひどい物だと思います。あとは表から見ても分からないですが、ボディ内部のブレイシングの仕上げと配置が雑です。適当に削って適当に接着してるだけのように思えました。(スマホで内部の動画を撮影して確認しました。)指板とブリッジはウォールナット材ですが、私の購入した物は写真と比較してかなり色が薄かったです。ちなみにナットとサドルは安物のプラスティック材でした。以上の理由から、このギターは初めてギターを買う人には全くお勧めできません・・・ネックの弱さとブレイシングの悪さはどうしようもないので、指板の擦り合わせ等を自分でする技術があっても割に合わないと思います。この価格であれば、外の銘柄(具体的には書きませんが・・・)にした方がいいです。「S.YAIRI」の低価格帯のギターは全てダメと言いきってもいいくらいダメです。いくらペグにいい物を使っていても肝心の所が抜けていると思います、もうこのブランドの安いギターは買いません。長々と長文失礼いたしましたm(__)m

S.Yairi ヤイリ アコースティックギター フォークタイプ YF-05/MH マホガニーはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました